マローブはハンドメイド好きな方の為の、洋服のパターン販売サイトです。
  • マローブについて
  • 初めての方へ

よくあるご質問

道具について

ミシン、アイロン、ものさし、メジャー、裁ちばさみ、針はハンドメイドには欠かせない道具です。
ここでは、それ以外にあったら便利な道具たちをご紹介します。


■ゴム通し
針穴タイプより、写真の毛抜きタイプの方が使いやすいです。ない場合は、大きめの安全ピンで代用できます。

■バイアステープメーカー
バイアステープはいろいろな使い方が出来るので、
デザインにバリエーションが出て、あると便利です。

■ノミ
釦ホールの穴を開ける道具。はさみでも代用できます。

■ハトメ
丸い穴を開ける道具。紐を通す穴を開けたりします。時々しか使いませんが、丸い穴はなかなかきれいにはカット出来ないので代役はいません。

■目打ち
糸をほどいたり、ミシンに布を送り込んだり、角を出したり、穴を開けたり、どちらかと言うと無いと困る道具の1つです。慣れるまでは「無くてもいいじゃん」と思うかもしれませんが、慣れてしまえば、無いととっても困る相棒です。小回りの利く指先と言ったところでしょうか。

ミシンの押え

■ギャザー押え
ギャザーが縮んだ状態で出てくるので、最初はちょっと感動します。糸を引いてギャザー分の調節も不要なので、沢山フリルを使う時は、とっても便利です。

■片押え
ファスナーを付けたり、レースやブレードを付けるときに使います。無いときれいに付けるは難しいので、ファスナーを付ける時は用意が必要です。左右とも使えるタイプが便利です。

■三つ折り押え
手で折るのは難しい3~5mmほどの細い三つ折りが出来ます。ブラウスの裾や袖口、フリルの端など、
薄手の素材を縫う時はとても便利です。

■テフロン押え
革やビニールコーティングしてある素材など、すべりの悪いものを縫うときに使います。

■コンシールファスナー押え
コンシールファスナーは普通のファスナーと形状が違うので、この押えで付けます。

※この他にもパイピング押え、タック押えなどいろいろなものがあります。
また家庭用と職業用、工業用でも違うものがありますので、用途に応じて試してみてください。

しるしを付ける道具

■チャコペーパー
両面、片面、水に消えるタイプ、消えないタイプなど
いろいろなものがあります。
色も黄色、ピンク、ブルー、白といろいろあります。

■チャコペン
時間で消えるタイプ(水でも消えます)
私は写真の紫ゆっくり消えるタイプを愛用しています。
その他早く消えるタイプのピンクがあります。

■チャコペン(えんぴつ)
水で消えるタイプ、消えないタイプがあります。 黄色、ピンク、ブルー、白があります。
その他、ウール地に使う定番の三角形のチャコや、粉を入れて使う、いつでも細い線が引けるチャコなど、いろいろなタイプがあるので、素材に合せて使い分けます。

※しろも(しつけ糸)もウール地のしるし付けにはよく使います。

■ルレット
ハードとソフトがあります。ピザを切る道具のような直線用もあります。へらも同じ用途です。
基本、表地にはあまり使わず、 裏地にしるしを付ける時などに使用します。
私は主に、トワル(仮縫いの時に使う生地)にしるしを付ける時に使用します。

カットする道具

■ロータリーカッター
直線(中3つ)以外にも、ミシン目やなみなみに切れるものもあります。カーブの形や、生地の厚さに合せて、刃の大きさを使い分けます。一番よく使うのは28mm
(写真真ん中)です。

■カッター用方眼定規
片面に金具が付いた、カッター用の定規。
縫代を付けながらカット出来て、便利です。
直線は長い定規、カーブは短い定規と使い分けます。
『小言』
2枚以上の布を重ねて裁断するとき、裁ちばさみは刃の厚み分、生地を浮かせてカットするのでどうしても微妙なずれが生じます。ロータリーカッターは布を動かさずにカットでき、おまけに縫代が付いていないパターンでも、縫代を付けながら裁断出来ます。ずれが無く仕事が速いという利点から、私が知る限りのパタンナーやサンプル縫製の方は、みんな(メンズテーラーをのぞく)裁ちばさみではなくロータリーカッターで裁断しています。(裁ちばさみは主に、余計な縫代をカットするときに使用します)裁ちばさみの値段はピンきりです。最初は高い裁ちばさみを買うより、普通位の裁ちばさみとロータリーカッター(定規とカッターボードと重石(おもり)も必要ですが)の購入をお薦めします。
■カッターボード(グリーンボード)
ロータリーカッターを使用して裁断するときに使います。
その他にパターンをカットする時やルレットや目打ちでしるしを付ける時も、カッターボードがあるとテーブルに傷が付く心配がありません。
大きい方は90×60cm、手芸店などに売っています。
小さい方はパンツやワンピースなど大きいパーツを裁断する時に大きいボードからはみ出たところに使ったり、ハトメやノミを使う時にも便利です。大きさは自分の使いやすいサイズを選んでください。厚さは大きいボードと同じ厚さのものがいいです。100均でも売ってます。