マローブはハンドメイド好きな方の為の、洋服のパターン販売サイトです。
  • マローブについて
  • 初めての方へ

よくあるご質問

ポケット

ポケット付けたいけど、難しそう… 簡単なポケットでも、袋布を花柄にしたり、
四角いパッチポケットを丸い形に変えたり、ちょっとの工夫で簡単で素敵なポケットが出来ますよ。


「スラッシュポケット」脇縫代後高片倒しの場合

1.
脇を縫う。(ポケット口の上と下)
ポケット口縫い止りは、しっかり返しミシンする。
2.
前身頃と後身頃それぞれに、袋布を付ける。
( 向う布がある場合は、先に縫っておく)

1と2の順番が逆でも問題ありませんが、
この手順の方が、ポケット口の大きさの縫いズレが
少なく仕上がります。
ポケット口(前身頃と前側の袋布)に
8mm程の切り込みを入れる。

 ※脇縫い目/割りの場合は、
  切り込みなしで、そのまま割ります。
切り込みを入れた縫代を自然に折って、
脇の縫代を後高に片倒しします。
4.
袋布を開いて、前身頃側の袋布を1mm控えて
アイロンで整え、ステッチをかける。

 ※脇縫い目/割りの場合は、
  ステッチをかける前に、前側の縫代のみ、
  袋布も一緒にロックをかけておく。
ステッチは、表からコの字にかけます。
5.
後身頃側の袋布を前側にかぶせて、
袋布の周囲を縫う。

ジグザグミシンやピンキングで、
縫代の始末する場合は、2度縫いしておく。
(5mm離れた所に、もう1本ミシンをかける)
周囲にロックをかける。
6.
脇にロックをかける。
7.
ポケット口の上下に、カンヌキを入れる。
後身頃側に、半針ほどかけると強度が増します。

カンヌキは、返しミシンでも、
小さなジグザグミシンでもOKです。
小さなモチーフをたたき付けても、素敵です。
■ポケット口のモチーフ参考図
裏から見たら、こんな感じです。
今回は解りやすいように、袋布を違う色で作りましたが、表地と同じ生地で向う布を付けたり、向う布を兼ねて袋布を全面表地にしたり、また、前身頃側に、口布を付けたり、口芯を貼ったり、同じスラッシュポケットでも、生地の厚さや、アイテムによって、いろいろな仕様があります。

向う布を付けずに、袋布を花柄やストライプにして、あえてちょっと見えるのも、とてもかわいいと思います。