マローブはハンドメイド好きな方の為の、洋服のパターン販売サイトです。
  • マローブについて
  • 初めての方へ

よくあるご質問

パイピングをしたり、縫代の始末をしたり、ギャザーを寄せてフリルを作ったり
バイアステープはいろいろな場面でよく登場します。
バイアステープメーカー持ってないし。。。と思わないで! 無くても簡単に出来るのです。


「バイアスの種類」

バイアスには、よく伸びるバイアス(正バイアス)と、ストレートテープよりは伸びるけどバイアスよりは伸びないハーフバイアス(スコバイ)があります。

用途によって使い分けますが、ここではパイピングや縫代の始末によく使う「両折」と「四つ折り」の作り方を紹介します。

・裁断しただけの状態は「平」といいます。

「バイアステープメーカーを使用」

「両折」バイアステープを作る道具です。
市販では6mm~50mmの巾が作れるものがあります。テープメーカーに必要なテープ巾が記載されているので、その巾に裁断したテープを写真のように後から通し、テープ端をピンで止めて、テープメーカーを少しずつ引きながらバイアスを伸ばさないように押えるようにアイロンを掛ます。
生地によってはバイアスだと伸びすぎてテープがやせてしまい、予定の巾より細くなったり、縫代が少なくなったりする事があります。その場合は、角度を少しハーフバイアスよりに裁断すると、きれいに出来ます。

※生地によってバイアスの角度は調整してください。

「バイアスメーカーを使わずに両折テープを作る方法」

バイアステープを作りたい両折巾×2弱で裁断する。
(20mm巾→38mmバイアステープ)

注)生地によって伸び方が違うので、
必ず試し折りをして下さい!

バイアステープを中表に合せて、地縫いより
細かい針目で、返し針なしで縫う。
(縫代は0.5cmほどで)

※接ぎ目は地の目を縫い合わせます。
縫代をアイロンで割る。
飛び出た縫代はカットする。
台紙を作る。
コピー用紙などを作りたい両折巾に、三つ折りにします。

※厚紙で台紙を作ると、その厚み分が邪魔して、
バイアステープの折山がシャキッと折れません。

台紙が薄くて、どうしても織りにくい場合は、
ストッキングの袋に入っているような薄めの厚紙を
使用して下さい。
バイアステープ の中央に台紙を置く。
指で縫代を折りながら、アイロンを掛ける。

テープメーカーのようにバイアステープを
伸ばしてしまう危険性はないので簡単です。
 
両折バイアステープの完成!

仕上がりは、台紙巾+生地の厚みになるので
厚い生地の場合は、2~3mm大きく上がります。

巾の微調整は試し折りをして、調節して下さい。

※写真のテープは55mm巾のバイアステープを
30mmの台紙で折って33mmで上がりました。  
・四つ折りテープを作る

1mm差を付けて、半分に折る。
差を付ける事によって裏側のコバstが
落ちにくくなります

※縫うときは、1mm狭い方を見て縫います。  
アイロンのスチームが完全に乾くまでは
折り目が固定しないので、折りあがったものから
厚紙などに巻いておくと、便利です。