マローブはハンドメイド好きな方の為の、洋服のパターン販売サイトです。
  • マローブについて
  • 初めての方へ

よくあるご質問

アイテムや用途によって、いろいろなファスナーがあります。ここでは、基本的な付け方をご紹介します。
ファスナーについて、勉強になるサイト→「YKKの豆知識」


写真左から
ビスロン:パーカーやコートなどによく使用します。
デザイン要素が大きいファスナーです。

フラットニット:テープ部分が薄くて柔らかい編地なので、薄手やニットに適しています。最近主流のファスナーです。

コンシール:縫い目を利用して目立たないようにつけることが出来ます。きれいに付けるのはちょっと難しいです。

エフロン:ベーシックなファスナー。パンツやスカート、
小物などにも使用します。

「エフロンファスナー」

1.
ファスナーが付く箇所は、粗ミシン(大きいミシン目)
で縫う。

※1粗ミシン→2返しミシン→3脇の地縫い と
 続けて縫って、1と2の間の糸を切っておく。
 (後で粗ミシンの糸を抜くため)
2. ロックをかけて、アイロンで縫代を割る。

・前身頃縫代の段差をロックで裁ち落とす。
(または、先にカットしてロック)

※右前脇の縫代の段差は、ファスナーが付かないのですべて不要です。上記と同じ方法で裁ち落として下さい。
3. 後身頃側の縫代を縫い目より3mm出して折る。

4.
ファスナーテープには、よく見ると案内線が
入っています。
3で折った折山をその案内線に合せて、片押さえで
たたきます。(ミシンで止めつける)
・ピンまたは、しつけで止めて、片押えでたたく。
・始まりはスライダーで開く分を考慮して
ファスナーテープの中心よりに付けます。
(止具の2cm下くらいから、案内線に沿って付ける)
・止りは、1cm下まで縫います。
5. 前身頃をめくって
1.2cmステッチの箇所に、しつけをかけ
粗ミシンをほどきます。
6.
5でかけたしつけ糸に沿って、1.2cmステッチをかける。

Point!
縫い始めは、スライダーを下ろして(ファスナーを開けて)、止り近くになったら、スライダーを上げて(ファスナーを閉めて)ステッチをかける。
・L字の止りは、返しミシン。

しつけ糸を抜いたら、出来上がり!
※ライダー部分が開かない為の Point!
ファスナー上の止り部分は、スライダーの厚みで開きぎみになるので、少し広めに縫うときれいに仕上がります。

エフロンファスナーの付け方は、ファスナーの基本の付け方です。パンツやスカート、小物などいろいろなものに活用出来る登場頻度の多いファスナーです。