マローブはハンドメイド好きな方の為の、洋服のパターン販売サイトです。
  • マローブについて
  • 初めての方へ

よくあるご質問

袖口明きの始末の仕方はいろいろな方法があります。「ブラウスの袖口はふんわりした感じ」や、
「シャツはキッチリしたイメージ」etc.... 難しそうに見えても、ポイントを押えれば、意外と簡単です。
同じパターンでも袖口を変えるだけで、ガラッとイメージが変わって自分らしくアレンジ出来たりするので、
いろいろ試してみて下さい。


「ケンボロ」

■持ち出しを折る。
1.持ち出しを半分に折る。
2.1で折った折り目を目安に、さらに半分に折る。
3.2で折った上にかぶせるように折る。
4.縫代が真ん中に来るように折り直すと、3で折った
  箇所は布の厚み分多く折る事が出来ます。
(これによって、裏のコバstが落ちにくくなります)
■持ち出しと同じ手順でケンボロを折る。
1.ケンボロを半分に折る。
2.表になる面の周囲の縫代を折る。
3.裏の縫代を表にかぶせるように折る。
裏側の縫代が生地の厚み分出ます。
この時出過ぎていると、裏のコバst巾が太くなるので
きれいに折れているか、確認して下さい。
■袖にケンボロを中縫いで縫い付ける。
明き止まりまで切り込みを入れ、a.の位置にケンボロを付ける。
■持ち出しをコバstで付ける。
ケンボロをつけた部分ははねておきます。
1.上記 b.の位置に持ち出しの折り山が出ているほう
(裏側)を袖の裏側に差し込む。
2.持ち出しの折り目に袖口明きの裁ち端を合わせ、
 表半分を折ってかぶせる。
3.コバstで縫う。
■ケンボロにコバステッチを掛ける。
1.ケンボロ(裏側)を折り込んで縫代をピンで止める。
2.コバステッチを掛ける。

以上で完成です!

Point!
最初のアイロン工程をキッチリ折れば、後は簡単です。